しぶとく生き抜く中小企業! 公開

No.17【ワンマン社長になってはいけない】

大手居酒屋チェーンのワンマン社長の記事をみました。
今時まだこんな社長がいるんだという驚きです。

ここまでではなくても、ワンマン社長というのは
まだ多く存在するのでしょう。

組織というのは昔は国や村という大きな単位でしかなかったが
今では数名の中小企業も組織になるので、
それだけ権力者という数が多くなったと聞いたことがあります。

こういったこともワンマン社長が多く存在する一因でしょう。
ワンマン経営では人が育ちませんし、経営も上手く行かないでしょう。

気を付けなければいけないのは、
ワンマン社長は自分がワンマンになっていることに気づきません。

偉そうにこう書いている私自身もワンマンかもしれません。

ですので、せめても部下からの苦言は
イラっときても素直に受け入れるようにしたいと思います。