No.46【従業員と一緒に喜ぶ】
しぶとく生き抜く中小企業!
No.46【従業員と一緒に喜ぶ】

No.46【従業員と一緒に喜ぶ】 公開

営業は水物、営業は千三つと言われます。

誰もが思う通りには行きません。

 

どんなに立派な営業戦略を立てても

きめ細かな客層を設定しても

全てが思う通りに行く事は皆無でしょう。

 

ですから

追っかけていた会社から問い合わせがあったり

テレアポが何件も取れたり

契約が決まったとき

 

営業担当者は嬉しい気持ちになります。

 

そんな時経営者は、そんなの当たり前だろ

ではなく、おめでとう!よく頑張ったね!と

同じ様に一緒に喜べば、営業担当者にもその気持ちが伝わりますので

益々頑張ってくれると思います。

 

これは営業だけでなく、従業員が何かに成功したり上手く行った時に

一緒に喜べる気持ちを持つように心掛けています。