No.112 【社内の不況和音の元凶】
しぶとく生き抜く中小企業!
No.112 【社内の不況和音の元凶】

No.112 【社内の不況和音の元凶】 公開

発注の締め切り時間を守らないお客さんが過去にありました。

何度も約束通りにお願いしますと伝えても直りませんでした。

 

担当窓口女性はお客さんの要望なのでなんとか受けようとして

現場は現場で発送の締め切り時間が間に合わず不満が溜まります。

 

これで担当窓口と現場が不協和音になります。

 

こんな無駄なことはありません。

お客さんのわがままによって社内が不協和音になるなんて。

 

どんなにそのお客さんの売上があっても将来を考えたら

ミカロジにとって何のメリットもありません。

 

ですからこのお客さんの仕事は丁重にお断りさせて頂きました。

 

この判断は間違っていなかったと思います。