導入事例
Case Study

化粧品会社C社
出荷業務の負担が無くなる事で、本来の通販業務に専念でき、
更なる売上のアップに繋がりました。

  • 課題
    売上増とともに商品数量が増え、保管のためだけに借りた港区内のマンションの家賃負担が大変。
    少人数での運営のため、出荷作業が増えると顧客対応等に支障がでてきた。
    AmazonFBAと自社サイトでの通信販売の2つを運営していたので、出荷作業に追われる事が悩み。
  • 解決案
    問題解決のため、「通販倉庫」を提案
    C社様と弊社のシステムを連携し出庫管理〜出荷完了後の伝票番号の反映まで自動連係を提案
  • 効果
    出荷業務の負担が無くなり、本来の通販業務に専念でき、更なる売上のアップを実現
    保管のためだけに借りたマンションの家賃負担が解消

課題

港区内のマンションに事務所を構えていますが、売上の増加とともに商品数量が増え、同じマンション内で
もう1室借りたために家賃負担が大幅に増えてしまいました。また社長、奥様、パートさん1名で対応していたために
売上が増えるとともに出荷作業に時間がとられてしまい、顧客対応や仕入れ業務に支障がでるようになってきました。
C社様はAmazonFBAと自社サイトでの通信販売を行っていたため、毎日の出荷作業に追われてしまうことが悩みでした。

解決に向けたご提案

C社様のかかえる問題点を解決するために「通販倉庫」を提案させて頂きました。
AmazonFBAの入庫規定に沿っての梱包(Amazon用バーコード貼り・袋入れセット作業・段ボール計測など)と
自社サイトからの受注用の梱包(納品書・パンフレット・ノベルティ同梱など)との作業の区分けをしました。
またC社様利用システムが、弊社物流システム(WMS)と連携可能だったため、在庫管理から出荷完了後の
伝票番号の反映まで自動連係を提案致しました。作業及びシステムがスムーズに稼働するまで
細かく何度も打ち合わせを行いました。

導入による効果

奥様とパートさんの出荷業務の負担が無くなりましたので、本来の通販業務(特に顧客対応)に
専念することができるようになり、更なる売上のアップに繋がりました。
その結果、ミカロジ委託当初はパレット数10枚ほどの商品量でしたが、1年後には10倍の
パレット数100枚までに増えました。更にもう1部屋分借りたところは返却しましたので
その分の家賃負担も削減できました。